院内設備

CT/マンモグラフィー/マンモトーム/超音波診断装置/レントゲン一般撮影
(胃・食道透視、大腸造影)、手術室
高周波ラジオ波メス、心電計、オーレガン痔核結紮システム、病理組織診、
細胞診装置、全自動血球計算器, 直腸鏡 等。

CT:New Pro Speed(GE)

CT
X線による断層診断装置で、頭部、頚部、胸部、乳腺、腹部、骨盤、骨等全身の精密検査が可能です。レントゲンの一般撮影では把握できない細かい病変も数分で分かる最新のCTを設置しました。

マンモグラフィー:ゼノグラフDMR PLUS(GE)

DMR
乳がんの画像診断の中心になる乳腺撮影です。乳がんの特徴的な画像:微細石灰化像・スピキュラ・腫瘍像等が数ミリの精度で検出できる最新のマンモグラフィーを設置しました。

超音波診断装置:LOGIQ-P7(GE)

eco
乳腺・甲状腺・腹部・血管・の超音波検査が可能です。数ミリの乳がん・甲状腺がんを検出できます。又、肝臓(肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝癌、肝嚢胞、閉塞性黄胆等)、胆嚢(胆石等)、膵臓の 病変の検出に威力を発揮します。

マンモトーム生検装置:Johnson&Johnson

mammo
エコーガイド下に標的組織を切除吸引し、迅速で正確な組織診断が可能です。また、これにより腫瘤を切除することもできます。

手術室

operation
高周波ラジオ波メスを備え、従来の電気メスよりシャープな手術が可能となりました。
皮膚腫瘤の切除、乳腺良性腫瘤の切除。
2cm以下の早期乳癌の手術(乳腺部分切除による乳房温存術+ センチネルリンパ節摘出)に偉力を発揮します。
又、痔の手術はカナダのオーレガン博士が開発した痔核結紮システムを使用し無麻酔、又は局所麻酔下で痔核を根部で結紮します。5分の手術です。 結紮した痔核は7~ 10日で自然に脱落し消失します。手術後の痛みや出血は飲み薬でコントロールできます。全身麻酔や腰椎麻酔の手術は安全上行い ません。
形成外科の手術は一部(乳腺のみ)受け付けます。